老後にかかる費用を考えると、家づくりの大切さが見えてくる?

2018/04/27

 

住宅を建築・購入する場合、月々の返済がどのくらいか、ということばかり考えがちですが、住宅ローンを返済しつつ、将来のための貯蓄もあわせて行っていくことが理想ですね。

その中でも、しっかりと考えなければならないのが、老後の生活費用です。

老後にかかる費用、各ご家庭のライフスタイルにより異なりますが、まずは平均的な金額を知っておきましょう。

ここ5年間の「家計調査年報」によると、23万円から27万円が老後生活に必要との調査結果となってます。

老後の生活資金を極力抑えられたことに越したことはありません。

ではどこを節約できるか、内訳比率をみてみましょう。

平均して上記の割合になっています。

食料費は抑えることはできません。

抑えることができるのは、住所費・光熱費・水道費・保険医療費が可能性があります。

すなわち、家を建てる時に住宅ローンを老後に影響させない資金計画!

高気密・高断熱・省エネ機器を備えた高性能住宅を建てることで、「光熱費・水道費」,そして「医療費」を抑えられるのです。

(※高気密・高断熱の家は健康になるというデーターもあります)

 

丸久の家創りでは、家を建てるときに老後にも優しい提案を行っています(^^)/

 

 

〇資金計画・住宅ローンについての相談会・勉強会も随時開催しています(^^)/

お気軽にお問合せ下さい。

http://www.marukyu-hanacoco.com/seminar/

 

ファイナンシャル担当 イデでした^^/

 


カテゴリー: お金の事  
アーカイブ
2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031