【鹿児島】土地探しの際に、よくある5つの失敗!

2021/11/03

こんにちは。
鹿児島県出水市の工務店
丸久の家創りです。

今回お話する内容は、
土地を探して購入する際に注意していただきたい点を
お伝えしようと思います。

土地を購入するとき、
最低限注意していただきたいのは、「道路」の問題です。

 

建築基準法上、敷地の前面道路幅は4m以上必要です。

また、間口(土地が道路に接する部分)が
最低2m(接道義務)は接していないと建築できません。

 

これは、是非覚えていてください。
その他にも、直接不動産屋さんに出向き、
土地を購入された場合、このような失敗談があります。

 

1.角地で日当りも良いし、値段も安いからと思って買ったけれど、
周りから比べて道路が低くなっていて、雨が降ると側溝の水が
あふれ出し、購入した土地の水はけが悪い。

 

2.安い土地だと思い購入したけれど、実際に家を建てようと地盤調査したら、
何と埋土の中に木やゴミがたくさん混ざっていた。
見かけは非常にきれいな土地だから、安心して買ったが失敗した。

 

3.周りの環境を良く調べずに土地を買ってしまい、南西の風が吹くとき
は、いやな臭いが部屋に入り込み、窓を開けていられない。

 

4.不動産屋さんの広告の方位を、そのまま信じて購入したが、実際の方位
と違っていたため、冬は午後2時頃には日が当たらない敷地だった。

 

5.土地を購入するとき、隣との境界杭を確認せずに買ってしまい、
隣地境界にブロック塀をつくろうと思ったら、クレームがついて、
未だに解決していない。

と、いうような話があります。

安くで土地を買えたが、
結局は余分な費用がかかり高くなってしまった例です。

ただ、ご自分で直接、不動産屋さんから購入されるのは
失敗が多いようですから、気をつけていただきたいと思います。

 

できれば、「土地探し」は、
住宅会社と一緒に探した方が失敗は少ないでしょう。


カテゴリー: 土地の事  
2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
タグ