住宅の耐久性!「LIXIL・スーパーウォール工法⑤」

2019/06/04

 

こんにちは、鹿児島市・出水市を拠点にしている「丸久の家創り」です(^^)/

 

 

今回は、高耐震・高気密・高断熱・高換気のLIXIL・スーパーウォール工法の第5弾ブログ

【通気層構造と高性能断熱材が住まいの耐久性を高める】耐久性編です(^_-)-☆

 

 

スーパーウォール工法の7つのポイン

温熱環境

空気環境

災害への備え

耐久性

省エネ・創エネ

音環境

品質と保証

 

末永く快適に暮らすに必要な④耐久性の話しです(^^)/

 

 

 

通気層構造と高性能断熱材が住まいの耐久性を高める

 

 

末永く暮らすために、世代を超えて住み継げる家であるために、

 

また、資産価値を維持し続けるために、建物の耐久性は見逃せません。

 

 

一番の重要ポイントは、湿気の影響の壁内部への結露の発生を抑えることです。

特に断熱材の耐湿性が大きなポイントとなってきます。

 

 

 

〇最高水準の性能を持つ断熱材が壁の内部結露を抑えます。

 

 

スーパーウォール工法の住宅では、断熱材は高性能の硬質ウレタンフォームを使用しています。

との特性は、湿気を通しにくい構造で、グラスウール断熱材比で約2倍の断熱性能があります。

 

硬質ウレタンフォームは、壁内の内部結露を防ぐ事ができるために、住宅の耐久性の向上に効果ありです。

 

また、瑕疵保証では対象外の断熱材内部の結露による劣化保証を35年間保証致します。

 

 

 

〇スーパーウォールが工場生産にこだわるわけ。

 

 

スーパーウォールの硬質ウレタンフォームは、2種類の液体(イソシアネートとポリオール)を用いて、

混合させ化学反応させて作った発泡体です。

 

簡単なメカニズムの為に、条件や環境を間違えると良いウレタンは出来ません。

 

LIXILの工場では、2種類の液体の調合比率や温度・湿度環境、発泡面の温度、発泡の方法などを、

徹底した自社の品質管理を行います。

 

現場発泡でなく、工場で生産にこだわるわけは、

高性能なウレタンフォームの安定した品質を堅持するため、細部分にこだわる品質管理が大切なためです。

 

 

上記のように、末永く快適に、住める家づくりは、仕様する材料の品質が重要になります。

特に、内部結露は住宅の構造を壊していきます。

 

 

 

また、結露はカビ・ダニの発生の温床になり健康被害にも大きな要因になります。

 

健康で、快適に、末永く住み家づくりを考えていきましょう(^^)/

 

丸久の家創りでした(^^)/

 

 

※丸久の家創りでは【内部結露】のシュミレーション判定をやっています。

設計段階で内部結露になりにくい家づくりを検討。

 

丸久家創りHPを参照ください↓↓↓をクリック

http://www.marukyu-hanacoco.com/passive/

 

※スーパーウォール住宅の動画 ←ここをクリック

※シリーズブログ

「スーパーウォール①」

「スーパーウォール②」

「スーパーウォール③」

「スーパーウォール④」

「スーパーウォール⑤」

「スーパーウォール⑥」

「スーパーウォール⑦」

「スーパーウォール⑧」

 


カテゴリー: LIXIL・スーパーウォール, 社長ブログ  
2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
タグ